喜元門 サイエンス通り店@つくば

以前は旨煮らーめんグーであった
記事を書いたはずだが、消されてしまったのだろうか
褒めてはいなかったから
で、そこが店を閉めて数ヶ月たち、喜元門のオープンとなった
改装にはひと月くらいかかってたようだ
たまに進捗は見に来てたから
中華そば700円を注文
ちょっと高級かな?
なにせ薄給だから
b0069556_1673437.jpg

スープは鰹出汁+鶏
出汁の出来が良い
濁らせず、でもしっかり強めに
難しいことをやってるのかも
次に感じるのが鶏
手前には出てこないが、隠れすぎてもいない
あと最後に薄く遠く椎茸も隠れてるのかなぁ
中華そばとは言いつつも、和風だな
詰め込み過ぎないシンプル和風かな
麺と食っても負けてはいないスープであった
麺はストレート麺
叉焼は4種ほどから選べる
炙りで注文
食べ応えある大きさで、炙り感もいい
でもこれ、肉の味であって、料理としての「叉焼」の味では無いよな
叉焼、葱、メンマ、海苔
昔々、蕎麦屋食った鶏そばがこの味わい
そばツユに鶏スープを合わせた、蕎麦屋のラーメンって振れ込みというのがあったよ
茨城では珍しいけど、探せば日本各地にはあるはず
同じことを考える人はいるってことで

☆☆★

厳しいトコもあるが、全体として出来はなかなか
スープだけ飲んでみると、良さげなのに、麺と合わさるととたんに弱弱しく腰砕けになるスープが多い中
ココはしっかりしてるからネ




どこぞの蕎麦屋で食った「鶏そば」がちょうどこの味
蕎麦ツユに鶏スープで、蕎麦屋の中華そばということであった
[PR]

by bamboo-panda | 2013-07-08 16:07 | 中華 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tsukuba.exblog.jp/tb/20700457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。